2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    .-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

    窓を開ければ夜も明ける

    2010012406210000.jpg

    おはようございます、りゅとさんです。

    先週で第一の山を越え、昨日今日は小休止で御座います。

    何となく、部屋の窓を開けてみたら朝焼けが綺麗でケータイでパシャリ。

    取り方が悪いのか、はたまた画質が悪いのか。500万画素はあるはずなんだけれど。

    フォトショップで弄ってみたら、なんだか気持ち悪い感じに。色合いがなんか変だね。

    こんな感じで毎日を迎えております。



    僕も今年で大学3年目です。この前まで受験勉強してたのにね。

    大学に来てから本当に時間が経つのが早いです。恐らくこれからの人生もっと早く感じてしまうんでしょう。

    勉強はしないし、楽器とパソコンしかしていない僕ですが、田舎から東京に来て本当に良かったなと思っております。

    昔から、”東京”という言葉に憧れていました。

    日本の中心、世界の中心。そんな感じです。

    そんな、中に身を置くと、世界ってのは、日本ってのは、僕のスケールでは届かない代物だったのだと痛感しました。

    学校が千代田区にある僕ですが、天皇様がすぐ近くに居る訳ですが、普通に生活をしていてそんな”天皇”なんていう言葉は出てこないのです。

    小沢幹事長が、千代田区のホテルニューオータニで会見をしたって、僕の日常生活には変化など、訪れはしないのです。




    漢字2文字の”東京”っていうものは、小さいように見えて、もの凄い遠い、浮世離れした、そんな物でした。

    だけれど、今手元にあるのも東京なのです。これも揺るぎのない事実なのです。





    創造だけで憧れる東京と、本物の”東京”は全く別物でしたけれど、今は”東京”に飲まれていますけれど、

    いつかは東京を実現できればいいかな、と、思います。

    それが今僕の夢です。

    今後の人生、長いですけど、早いと思いますけど、何となく生きているようで、実はしっかりしている、そんな”東京”のような生き方がしたいですな。

    ではでは、僕の脳内トークは数日か、数ヶ月か、数年か、一生か、お開きにしたいと思います。



    スポンサーサイト
    .24 2010 未分類 comment0  trackback(-)

    comment

    post comment

    • comment
    • secret
    • 管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。